株式会社アステム

脳NIRS(Hb13-2)

概 要

脳内血量を非侵襲的に計測する「脳NIRS(ニルス)」は前頭葉の血量変化を可視化するセンサです。
最大の特徴は表層(皮膚血量)と深層(脳)の血量を分離して計測しますので、交感神経の働きによる変化を識別できます。
静岡大学が開発した計測アルゴリズムをアステムが実用化し、定量性については総合大学核医学講座による酸素同位体を用いたPETとの同時測定を実施し、また医系大学付属病院の精神科にて評価を行いました。

特 徴

  • 最大8chのプローブを接続する事が出来ます。
  • 計測値は被験者から離れた場所(最大10m)でもモニターできる様にBlue-Toothで接続されています
  • プローブは被験者の負担にならないように小型・軽量(約10グラム)です。柔軟性をもった素材で構成されているため、様々な部位に装着でき長時間の計測にも負担になりません。
  • 深層(脳)の計測値は表情筋の影響を受けるため、表層の血量も同時に計測することで変化由来を識別できます。
  • 本体には加速度センサを搭載していますので、被験者の体動による影響を識別できます。
  • 使用している近赤外光は生体には安全な光です。
  • 電池は単四電池を2本使用しています。

医療行為には使用できません。
使用される場合は学内または病院の倫理委員会の承認を受けてください。

仕 様

型  式Hb13-n (nはプローブ数)
測定方法NIRS(Near-Infrared Spectroscopy)SRS 近赤外空間分解分光法
光源・受光素子2色LED, ホトダイオード
センサプローブ幅20 長さ45 厚み5 + 伝送部 シリコーンゴム製 (単位・mm)
接続プローブ数1~8ch 任意に増減可能
データファイル形式CSVファイル形式
サンプリングレート0.2秒~、接続プローブ数による
測定項目酸化ヘモグロビン(Oxy-Hb),脱酸化ヘモグロビン(Deoxy-Hb)
表示項目

深層(脳) Oxy-Hb,Deoxy-Hb,StO2(酸素飽和度 %)
表 層  Oxy-Hb,Deoxy-Hb
それぞれの選択表示可能、表示倍率設定可能、単位mM

加速度センサX,Y,Zの3軸加速度、最大2G
電  源単四電池 2本
プローブ長さ65cm
ワイヤレスBlue-Tooth ClassⅡ (10m以内、微弱電波)
対象PCWin-7 Win-8.1 Win-10
基本セット

本体(中継ボックス)、PC測定表示プログラム、コピー防止キー
Blue-Toothアダプター(PCに搭載されていない場合)
プローブ2本、プローブ固定バンド

サービス品NIRS解析プログラム(Win版のみ)
【ご注意】Hb13,Hb14内蔵のクロック精度は1秒換算で0.994秒です、従ってCSVファイルへ展開したときに、わずかにズレが発生してしまいます。他の機器と同時計測する場合は注意が必要です。

ソフトウェアのダウンロード

「脳NIRS(Hb13-2)」のデータ解析プログラムは、下記のリンクからダウンロードできます。

パスワード認証について


下にある「関連ソフトウェア」の名称をクリックすると、次のようなパスワード認証画面が出ます。
(表示デザインは例示で、ブラウザやバージョンによって変わる場合があります。)

・Internet Explorer の場合

・Chrome の場合


ここで、下記指定のユーザー名とパスワードを入力してください。

関連ソフトウェア